『生』の醤油って?

時々スーパーなどで『生醤油』を見かけることもあると思います。

 

醤油というのは『仕込み(もろみ)→絞り→火入れ→商品完成』という流れで商品が出来上がります。
『生』というのは、火入れの工程をせず、絞った後に出てきた醤油をそのまま商品にしています。

 

醤油は火を加えると香りが強く出ます。
生の醤油は、香りが火入れのものよりも少ないのが特徴です。

 

 

★利点は…
・加熱した時の香りの良さが引き立つので、炒めものの最後にいれるのがGoodです。

・生きた酵素を取り入れられます。

 

★欠点は…

・しょうゆの香りが少ない

・発酵が進むので味が変化していく

・必ず冷蔵保存をすること

・産膜酵母という膜が発生してしまう可能性がある

 

冷蔵販売をしないといけないということで、 

販売している醤油屋さんも、蔵まで買いに来た方にしか販売していない場合があります。

 

 

 

そんな『生』の醤油をキッコーマンが販売を始めました。
パッケージ開発などにお金がかけられる、大手企業のできる技だと思います。

調味料の講座の動画配信がスタートしました!講座に参加できない方など、こちらの動画で勉強してみませんか?

調味料エバンジェリスト

        (伝道師)下倉 樹

・国際食学協会 特別講師

 

子どもが生まれたことがきっかけで、食の大切さに気付き、同じ世代のお子さんを育てているママを対象に、食や子育てに関するイベントの企画・運営を行う「きっず~な」を立ち上げ。

現在は「食の大切さに気付いたら、まず調味料をホンモノに…」という思いで、調味料に特化した講師や広報をメインに活動中。

年間講座数200件、メディア出演多数。

3姉妹の母。

山梨県出身、13年の福岡生活から名古屋市へ移転。