合成酢について

食酢には2種類あり、醸造酢と合成酢にわかれます。

ほぼ醸造酢が出回っているのですが、沖縄だけは合成酢が多く使われています。

 

◆沖縄で使われる理由は…

沖縄の料理に酢を使うメニューが少なため、

安く手に入る合成酢を選ぶ方が増え、広まったと考えられています。

ちなみに360mlで138円でした。

 

◆合成酢の材料は…

原材料には『氷酢酸、調味料(アミノ酸)、カラメル色素、酸味料、香料、食塩、砂糖』です。

純米酢は、『米』だけなのに比べ、合成酢はすごいことになっています!

主な商品名は『まるこめ酢』。

これだけ読むと米酢のように感じてしまいますね…。

 

◆味は…

少し味わってみたのですが、ものすごい酸味で、飲み込むことができませんでした。

そして数時間たっても、口の中がおかしい…。

よくよく見てみると、2倍に希釈して…と書いてありました~(>_<)

普通の酢の酸度は4.5%に対し、合成酢は12.25%。

3倍の酸っぱさがあることになります。

 

(一概にそうとも言えない数値ですが。)

梅酢の活用方法

風邪やインフルエンザが流行る時期にぜひ活用してほしいのが梅酢。

梅酢には、とってもすごいパワーがあるんです。

 

梅酢とは…梅干しを作ったときにできる汁のこと。

「梅酢」だけを商品にしたものもあります。

手に入らない場合は、梅干しの汁を活用ください。

ただし、梅干しの原材料が「梅、塩、紫蘇」のみのものを選んでください。

 

★梅酢の効能

・抗菌作用

・整腸作用

・免疫力向上

 


★活用の仕方

①うがい代わりにスプレーする

スプレーボトルに、梅酢1:水3~5の割合で入れ、喉にスプレーする。

喉の抗菌になり、そのまま飲んでも安心です。

うがいなどができない小さなお子さんには、特にオススメ!

人ごみの中に行ったときや、咳が出るときなど、こまめにスプレーをしてみてください。

 

②酢の代わりに料理に活用する

整腸作用があるので、お腹の調子が悪い時など、

梅酢を料理に活用することで、調子を整えてくれます。

 

 

ぜひ活用してみてくださいね♪

通信教育の監修をしています!
『食学調味料アドバイザー』取得!

講座の動画配信スタート!

調味料エバンジェリスト(伝道師)

             下倉 樹

・国際食学協会 特別講師

(食学調味料講座 監修) 

 

2010年 食や子育てに関するイベントの企画・運営を行う「きっず~な」を立ち上げ。

2012年 「食の大切さに気付いたら、まず調味料をホンモノに…」という思いで、調味料に特化した講師や広報を開始。

2017年 13年生活した福岡より名古屋市へ転居。

 

年間講座数200件、メディア出演多数。

3姉妹の母。山梨県出身。