プロフィール

下倉樹

下倉 樹(いつき)調味料エバンジェリスト(伝道師)

国際食学協会 理事

 

山梨県富士吉田市出身

中央大学経済学部国際経済学科卒業

3女の母(H19年、H22年、H28年生の娘3人)

ママコンテスト 初代グランプリ

 

某大手医療用器具メーカーで営業職を2年経験し、結婚のため退職。

結婚後、前職の福岡支店にて派遣社員として、

ショールームの受付、経理、営業事務、社員教育を約3年間行う。

 

子どもを出産した半年後、近所のママたちと子育てサークルを立ち上げ、イベントの企画・運営を行う中で、日々様々な企画を考えているときに、『食』に興味を持ち始める。

その後、毎日のように講座や料理教室などに出かけ、

気に入った先生をお呼びしての講座の企画運営を始める。 

 

サークルは2年後に解散したが、その翌年、2人目の出産後2ヶ月で『きっず~な』を新たに立ち上げ、

ママ友を対象に食や子育てに関するイベントの企画やメルマガの配信を開始。

 

メルマガの配信を3年間行っていました。

メルマガの登録者400名以上、 

メルマガの配信数約230件

イベントの企画・運営は45件以上。

H24年12月に開催した『杉田かおるさん×内田美智子先生トークショー』では、

700名の方に参加していただいたイベントを成功させました。

 

H23年からは『食の大切さに気付いたら、まず調味料をホンモノに…』

との思いで、自ら講師活動を始める。

主に調味料(砂糖、塩、酢、醤油、味噌)に特化した講師・広報活動を中心に活動し、

食の大切さに気付くきっかけづくりを行っている。 

講師・イベントの出展は、のべ400回を超え、年間200件、

メディア出演多数。

 

H27年7月より国際食学協会よりスタータとした通信教育「食学調味料講座」監修。

 

◆保有資格◆

 調味料マイスター

 ホールフードシニアマスター

 食育アドバイザー 

 

◆趣味◆

断捨離(お片付け)

いらないと思ったものは、どんどん処分します。

必要なさそうなものは、極力買わないようにしています。

 

調味料関係 実績

メディア出演 実績

エバンジェリスト(伝道師)とは?

ママゴスペラーズ お局メンバー
ママゴスペラーズのメンバーと♪   (左2番目)

エバンジェリストとは、伝道師の意味。

元は、キリスト教の宣教師のことを意味する言葉。

 

日本では、IT企業やマイクロソフト社などでは、この役職があるそうです。

製品やサービスについて分かりやすく説明(伝道)する方で、

周囲をあることに注目させ、興味を持たせ、

知識を伝達するのみならず集団的にある変革に向かわせることができる人とのこと。

 

『食育界のザビエル』(!?)として、食の大切さを調味料から広めていきたい!

そんな意味も込めて『エバンジェリスト』と名付けました。

調味料の講座の動画配信がスタートしました!講座に参加できない方など、こちらの動画で勉強してみませんか?

調味料エバンジェリスト

        (伝道師)下倉 樹

・国際食学協会 特別講師

 

子どもが生まれたことがきっかけで、食の大切さに気付き、同じ世代のお子さんを育てているママを対象に、食や子育てに関するイベントの企画・運営を行う「きっず~な」を立ち上げ。

現在は「食の大切さに気付いたら、まず調味料をホンモノに…」という思いで、調味料に特化した講師や広報をメインに活動中。

年間講座数200件、メディア出演多数。

3児の母。

山梨県出身、13年の福岡生活から名古屋市へ移転。