食の大切さに気付くきっかけづくりをしています

これから食に取り組みたい方、食の大切さに気付いていない方に、少しでも気づくきっかけになればと思います。

また、ホンモノの調味料(砂糖・塩・酢・醤油・味噌)を手に取る方が今以上に増えてほしい。

 

そんな思いで講師や広報活動をしています。


なぜ調味料に特化しているのか

調味料に特化した活動の最初のきっかけは、企画した講座に参加してくださった方々から

「食が大切なのはわかるけれど、何から始めたら良いのかわからない」という声を耳にしたとき、

私自身がまず、砂糖と塩を変えることからスタートしたことを思い出したことです。

 

また「無添加・無農薬にこだわると続けることができない」という声も多く聞かれました。

調味料は1つの値段は高く感じても、1~2ヶ月ぐらいかけて使用するものなので、野菜やお肉などの食材に比べ、家計への負担も少なくて、良質なものを選べると考えました。

 

また、勉強していくうちに、日本の調味料は世界に誇れるものにもかかわらず、原材料や製造方法、

購入基準を知る機会が少ないことにも疑問をもつようになりました。

 

そのようなことから、活動の目的の1つでもある『食の大切さに気付くきっかけ作り』には、

日本の調味料に焦点を当てることがとても重要だと思い始めました。

 

私がそうだったように、まず『調味料をホンモノに変える』ことで、

日々の食事、生活スタイルに少しずつ変化が生まれるのではないかと考えます。

 

 ※ホンモノ・・・

・昔ながらの製法で作られている

・ゆっくり時間をかけて作られている

・調味料の向こう側に生産者の顔や思いが見えるもの

このような考えで使用しています。

身近な調味料の以外と知らない豆知識をコラムでお伝えします。

ホンモノの調味料を選ぶメリットについてお伝えします。

自信をもってオススメする調味料セットです。


調味料講座風景

調味料エバンジェリスト

        (伝道師)下倉 樹

・国際食学協会 理事

 

子どもが生まれたことがきっかけで、食の大切さに気付き、同じ世代のお子さんを育てているママを対象に、食や子育てに関するイベントの企画・運営を行う「きっず~な」を立ち上げ。

現在は「食の大切さに気付いたら、まず調味料をホンモノに…」という思いで、調味料に特化した講師や広報をメインに活動中。

年間講座数200件、メディア出演多数。

2児の母。